あなたはどのタイプ?保険の選び方が変わる3つの価値観

保険を選ぶときの3つの価値観 保険の見直し

保険って目に見えない商品なので、どんな基準で選べばいいか迷いますよね。

「最低限の保障でいい」

「掛け捨てはお金が戻ってこないから嫌だ」

「今のうちに備えておかないと不安だ」

などなど、いろいろな考えの人がいます。

どれが正しいとは一概に言えませんが、それぞれの考え方を選ぶと、どんなメリット・デメリットがあるのかを知っておくことは意味があると思います。

それによって、自分が選ぶべき保険も見えるし、何がムダなのかもはっきりわかるからです。

そこで、この記事では、保険を選ぶときの3種類の判断基準を解説します。

保険の仕組み

その前に、そもそも保険とはどういう仕組みなのかについて、考えてみたいと思います。

そもそも保険とは「相互扶助」の仕組みで成り立っています。「多くの人が、少しずつお金を出し合って、万が一困った人が出てきたら、助け合う」という仕組みです。

保険は相互扶助で成り立っている

保険の仕組み

ということは、保険の契約者全体で見れば、払ったお金以下のものしか戻ってこないってことですよね。これが大前提としてあるわけです。

つまり、

(1)もらえる確率の低い保険ほど、多くのお金がもらえる

→もし、万が一があったら、本当に困るので備えたい

(2)もらえる確率の高い保険ほど、少しのお金しかもらえない

→保険料の払い損は嫌だから、なるべく元を取りたい

ということになります。

で、保険に対する価値観は、この(1)(2)のどちらを選ぶかによって、変わってきたりします。

 

それぞれの保険の「払うお金・もらうお金」の関係

全ての保険は将来に備える目的のものではありますが、保険料(払うお金)と保険金(もらうお金)の関係でいうと、どのようになるでしょうか?

①定期保険の保険料と保険金の関係

*30歳男性の場合で計算

掛け捨て保険の保険料と保険金の比較

(参考:各社のHP)

上に挙げた保険は、「もし、万が一があったら、本当に困るので備えたい」場合に必要な保険を集めました。払った保険料に対してもらえる保険金が多い保険で整理したものです。

掛け金にもよりますが、がん保険や医療保険でもらえる保険金は、100〜200万円ぐらいです。逆を言えば、それぐらいのお金がある人ならば、「そこまで必要か?」と思いますよね。

また、就業不能保険は、大病などで長期間働けなくなった場合の保障になりますが、その場合には障害者認定を受けることも可能です。

ですから、よほど月々のローンが重いとか、生活費が高い人でなければ必要ないと言えるでしょう。

 

②終身保険、積立保険の保険料と保険金の関係

*30歳男性が、90歳までの60年間払い込むと仮定して計算

*ただし、終身保険は30年間、学資保険は10年間の払込み

終身保険、積立保険の保険料と保険金の関係

(参考:各社のHP)

上に挙げた保険は、積立保険とか終身保険と言われるものです。

こちらは保障が一生涯なので、老後にも備えられたり、解約返戻金という形で保険料が戻ってくるので貯蓄機能があるのがメリットです。

しかし、もらえる可能性が高い分だけ、もらえる金額は低くなりますので、「もし万が一の場合の備え」としてはモノ足りないと感じるでしょう。

むしろ、「払ったお金をムダにしたくない」「掛け捨ては払い損だから嫌」という「損したくない」という気持ちが優先する保険だと言えます。

 

お金に対する3つの価値観

保険を選ぶ傾向として、大きく3つの異なる価値観があるようです。それは、

1、なるべくお金に縛られたくない。必要最低限の保障でいい

2、払い損は嫌だ

3、将来の安心が欲しい

の3つです。このいずれかを満たすように、上に挙げた保険の商品性が設計されています。

 

1、なるべくお金に縛られたくない。必要最低限の保障でいい

保険は10年、20年という長い間、お金を払い続けなければいけません。そのため、あまりに高い保険料では、収入が減ったり、住宅ローンを組んだりする時に生活が苦しくなってしまう可能性があります。

「そこまでして保険に入る必要があるのか?」

「最低限の保障で十分ではないのか?」

という疑問がある方は、こちらの価値観に近いと言えます。

 

この場合は、「本当にあったら困ること」をピックアップして、そのリスクに備えることが基本になります。

例えば、お子さんが生まれて、「もし自分が死んでしまったら残された家族が大変なことになる」と定期保険(死亡保障)に入るのが、それにあたります。

さらにそれをもう1段進めて、「子供が大きくなったら、奥さんが働くこともできるし、その分保障を減らして貯蓄に回したほうがいいかも」と収入保障保険に加入される方もいます。

保険の見直しでは、この「定期保険→収入保障保険」または「定期保険→10年刻みでネット生保で保障額を減らす」というパターンが一般的です。

定期保険の見直し例

収入保障保険の方がスマートな感じもしますが、満期に近くなると、もらえる保険金が2〜3百万円を切ってくるので、かけている意味がなくなります。

「せめて葬式代ぐらいは、ここから出したい」というのであれば、図の下側の定期保険で55歳から65歳まで、月々3,000円ぐらいの保険料で、500万円の保障を続ける、という方法が良さそうです。

 

2、損したくない

保険は目に見えない商品ですし、病気や事故、死亡などの万が一の時にしか、その商品性を実感できません。

もちろん、加入するときはそれが当然と考えるはずですが、「ちょっと多めに払えば、支払った保険料が戻ってきますよ」と言われると、そっちを選びたくなってしまうのが人情でしょう。

そのような提案に乗りたい人は、「損をしたくない」という価値観を持っていると言えます。

具体的には、終身保険や養老保険、学資保険などがそれに当たります。特に学資保険は、「子供のためにお金を貯めておきたい」というニーズに応えるものです。

昔なら郵便貯金でお子さん名義で貯金をしていた方が多かったですが、今は金利もほぼつかないですし、家族名義の口座が使いにくくなっていることもあって、代わりに学資保険が使われているようです。

ソニー生命の学資保険は、払ったお金に対して戻ってくるお金が7〜8%ぐらい増えるので、特に人気です。

 

3、将来の安心が欲しい

2025年には、団塊の世代が75歳以上になるため、今よりも20〜30兆円も社会保障費が増えると言われています。

そのために、来年には消費税も増税になる予定ですし、国の借金も増え続ける一方なので、将来に対する不安を感じる人は日に日に増えているでしょう。

そのような不安の一部でも解消しようというのが、終身医療保険や終身がん保険などの医療保障です。

「一生涯の保障」と説明されるように、少ない掛け金で死ぬまで入院したり、がんや手術をした場合にお金が入るので、「たとえ年金が少なくなっても、多少は役に立つんじゃないか?」と思われているのでしょう。

 

しかし、このような保障は、実はかなり使いにくいのが現状です。

たとえば、終身医療保険は60日間の入院保障があるのですが、日額5,000円だとしても1回の入院で最高30万円しかもらえません。ところが、平均入院日数は、65歳以上でも40日程度なので、20万円ほどもらえるかどうかが現実です。

さらに、再度入院した場合には、前回の退院から180日以上過ぎていないと、利用できないのです。

医療保険の入院保障のルール

つまり、終身医療保険で元を取ろうと思ったら、6〜7回以上も180日以上の期間をおいて入院しないといけないのです。

いくら、老後が不安といっても、こんなに入院している人って、なかなかいないのではないでしょうか?

 

保険でカバーできる将来の不安は、お金が貯まった時点で解消できる?

医療保険やがん保険は、もらえる可能性が高い人が多い分だけ、支払われる金額が少ない商品です。

特に終身医療保険の入院保障などは、たった20〜30万円を保険金としてもらうために、かなりハードルが高いと言えますよね。

「それだったら、さっさとお金を50万円でも100万円でも貯めてしまったら、加入する必要はなくなるのでは?」と言えなくもありません。

100万円貯まったところで、将来の不安が解消できるわけではないと思いますが、終身医療保険に加入しても、その不安は解消できるわけでもありません。

入院や一部の病気のリスクのために保険料を支払い続けるよりは、生活費にも入院費用にも使える預貯金を増やすことに専念した方がいいのではないでしょうか。

 

結論

保険は将来の不安(リスク)に備えるものなので、お金に対する価値観や感情で、欲しいと感じる保障が変わってきます。

今回は代表的な3つのお金に対する価値観から、今の保険商品がどのように位置付けられるのかを整理してみました。

こうやってまとめてみた感想としては、「将来の安心が欲しい」という価値観に応えられる保険は存在しないと感じています。

 

なぜなら、「将来の安心」とは、「万が一」ではなく「確実に手に入れたい保障」だからです。

多くの人が確実に手に入れられる保障は、保険の仕組み上、支払額が少なくならざるを得ません。

終身医療保険の商品性を見ていただいたように、よほど入院や病歴が多くない限り、元が取れないのです。

 

そう考えると、「万が一に備えて、必要最低限の保障が欲しい」と「損したくない」のいずれかを選ぶことになるでしょう。

必ずしも相反する価値観ではないと思いますが、ご自分がどちらに近いかを意識してみながら、それぞれの保険を見てみると、自分にとって必要な保険が何かがわかるのではないでしょうか。

コメント