三井住友信託銀行のリバースモーゲージを徹底解説!

三井住友信託銀行のリバースモーゲージを解説 リバースモーゲージ

この記事では、三井住友信託銀行の「不動産活用ローン(リバースモーゲージ)」というサービスの特徴について解説します。

リバースモーゲージは、「住んだままお金が借りられて、死んだ時に清算するので返済の心配をせずに済む」という商品性が人気のローンです。

そこで、この記事では、他行のリバースモーゲージとの比較も含めて、その特徴を解説していきたいと思います。

1、三井住友信託銀行のリバースモーゲージの特徴

(1)リバースモーゲージの仕組み

リバースモーゲージは、「自宅を担保にお金を借りられて、そのまま住み続けることができる。死んだ後に清算するので、返済の心配が必要ない」という商品です。

図にすると以下のようなイメージになります。

 リバースモーゲージのイメージ

リバースモーゲージの仕組み

 

(2)リバースモーゲージが契約できる条件

三井住友信託銀行のリバースモーゲージは、土地評価額が4,000万円以上と、条件がちょっと厳しめです。このサービス最大手の東京スター銀行と比較してみましょう。

三井住友信託銀行東京スター銀行
対象年齢55才以上55才以上
対象物件・戸建:土地評価額4,000万円以上

*三井住友信託銀行所定の評価方法で計算

戸建て、一部マンションも可
対象地域 東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、京都、兵庫北海道、宮城、東京、埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、兵庫、広島、福岡*
相続人相続予定者からの同意が必要。また、遺言信託を利用する必要あり記載なし
年収年金などの収入があること120万円以上
返済方法・利払い型:毎月の利払いあり。死亡したら売却して一括返済

・年1回引出型、枠内引出自由型:死亡後に売却して一括返済、生前に一部返済も可能

・利払いは毎月

・死亡したら、現金による一括返済か、担保不動産の代物弁済

三井住友信託銀行では、相続予定者からの確認書が必要になりますし、遺言信託の利用が条件となっています。

遺言信託は100万円以上の費用がかかるため、遺言を含めて予定している方でなければハードルが高いですね。

リバースモーゲージで必要な推定相続人とは?
この記事では、リバースモーゲージを契約する際に求められる推定相続人の調べ方について解説します。 推定相続人とは、「仮に今すぐ相続が発生した場合に、法定相続人になる人」のことを指します。取り扱っている金融機関によっては、全員分の承諾書が...

 

(3)受け取り方は3種類

三井住友信託銀行のリバースモーゲージが、他行と違う点は、引き出し方式が3種類あることと、80歳以上での契約が可能の点です。

それぞれの方法を一覧にしてまとめました。

利払い型年1回引出型枠内引出自由型
受け取り方法利用限度額の範囲内で、自由に利用可能64才までは自由に利用可能。65〜79才までは、年1回引き出し毎年使える枠を増額していき、その範囲内でいつでも引き出し可能
利用限度額担保物件の50%以内担保評価に応じて、個別に設定担保評価に応じて、個別に設定

*80歳未満で契約した場合は、79歳まで新規借り入れが可能

*80歳以上で契約した場合は、借入金は一括で支払われる。利払い型では毎月利払いを行い、年1回引出型では、利息を元本に組み入れる

 

(4)みずほ銀行や三井住友銀行が、競合サービス

土地評価額が4,000万円以上だったり、100万円以上かかる遺言信託が条件に入っていたりと、ちょっとハードルが高いと感じた方もいるでしょう。

ほぼ似たようなサービスを提供しているのが、みずほ銀行と三井住友信託銀行です。

 

SMBCリバースモーゲージプライムエイジ
対象年齢満60才以上55才以上
対象物件・戸建:土地評価額6,000万円以上

*三井住友銀行所定の評価方法で計算

・戸建:土地評価額2,000万円以上

・マンション:総額5,000万円以上(坪250万円以上)、50㎡以上、100才の時点で築45年以内

*いずれも、みずほ銀行所定の評価方法で計算

対象地域 東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、京都、兵庫 東京、神奈川、千葉、埼玉
相続人相続人全員の同意書が必要相続人全員の承諾が必要
年収年金などの収入があること年金などの収入があること
返済方法・毎月10日に金利を借入額に組み入れ

死亡したら売却して一括返済

・毎月10日に金利を借入額に組み入れ

死亡したら売却して一括返済

 

みずほ銀行、三井住友銀行のリバースモーゲージについては、こちらにまとめています。

みずほ銀行のリバースモーゲージ「プライムエイジ」の特徴は?
みずほ銀行のリバースモーゲージ「プライムエイジ」の特徴、メリット、デメリットを解説。最大手の東京スター銀行との比較もしました。
三井住友銀行のSMBCリバースモーゲージを徹底解説!
三井住友銀行のSMBCリバースモーゲージの特徴を解説。最大手の東京スター銀行の充実人生との違いを分析しました。

 

2、結論

というわけで、三井住友信託銀行のリバースモーゲージについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

遺言信託が他のサービスに比べて費用もかかるし、ハードルが高い印象ですね。ですが、相続対策も兼ねて利用する方であれば、検討してみてもいいかもしれません。

リバースモーゲージ : 三井住友銀行
リバースモーゲージについてご紹介します。

 

 「いくらぐらい借りられるのか知りたい」そんな人はコチラ

リバースモーゲージは、大きく分けて2種類に分かれます。

①毎月利息を返済するタイプ

②利息もまとめて借入金に組み入れるタイプ

の2種類です。

 

①なら土地価格の6〜8割、②なら土地価格の3〜4割程度になるのですが、そもそも「土地価格がいくらなのか?」を知らなければ、借りられる金額もわかりませんよね。

 

こちらの一括査定を活用すれば、「いくらで売れるか?」がわかります。

「いくらで売れるか?」がわかれば、少ししか貸してくれない金融機関を見破れますし、売却を考える場合の参考にもなります。

机上査定ならば、メールや電話のやりとりで済むので、1度確認してみてはいかがでしょうか?

サービス名参加社数利用者数特徴 
ホームズ
1500420万人東証1部上場企業で安心
スマイスター
1400440万人郊外や地方の物件も査定可能
イエイ
1000400万人お断りサービスなどが充実

コメント