不動産の価格を調べるなら、一括査定が1番優れている理由

査定結果を見てビックリ 調べ方

この記事では、「不動産の一括査定サービス」を利用するメリット・デメリットと選び方について解説しています。

実際に使ってみた体験談も含めて、どんな時に使えるサービスなのか、わかりやすくまとめました。

不動産の一括査定サービスの仕組み

不動産の一括査定サービス(以後「一括査定」)とは、1度の簡単な登録で、複数の不動産会社から「いくらで売れるか?」を教えてもらえるサービスです。

住所、氏名、連絡先、物件情報(面積、築年数、他)など、1分程度の簡単な入力で申し込むことができ、かつ無料で使えます。

一括査定のイメージ

 

一括査定の仕組み

 

もし、あなたの不動産の適正価格を知りたいのなら、一括査定を活用するのが1番いい方法です。

その理由は3つあります。

 

適正価格を知りたいなら、一括査定が1番優れている理由

(1)不動産会社から詳しい情報を引き出せる

不動産の取引データは、“個人情報”が含まれるため不動産会社しか見れません。

そのため、ネットだけで調べるには限界があります。

 

別の記事で「土地総合情報システム」を使った調べ方を取り上げましたが、全体の取引データの15%しかなく、住所や建物情報も少ないため、「取引の多い地域の土地」以外では、あまり参考になりませんでした。

3分で図解。土地総合情報システムの使い方とその限界
この記事では、国土交通省が運営している「土地総合情報システム」の使い方と、そのデータをどう活用できるのか? について解説します。 土地総合情報システムでは、2つの情報を調べることができます。 ①公示地価や基準地価などの公...

 

その点、一括査定を活用すれば、全ての取引データをもとに査定してもらえるため、より正確な価格を知ることができるようになります。

こちらはわたしが実際に使ったところ、送られてきた査定結果です。

 

送られてきた査定結果のメール

不動産査定の査定メール

 

添付されてきた過去の取引資料

不動産査定の添付資料

 

このように、過去の取引事例も合わせて送ってきたもらったので、より詳しい情報を手にいれることができました。

 

例えば、相続した不動産では、名義が自分名義だとしても兄弟や親族との話し合いが必要になる可能性が高いですよね。

そんな場合にも、不動産会社からの資料があると、感情的な話で流されずに冷静に話し合いがしやすいので役立ちます。

 

(2)比較することで、得意な業者を探すことができる

不動産会社も、地域や物件によって得意・不得意があります。

  • ネットや店舗への集客力
  • 営業マンの地域に対する理解
  • 過去の取引実績

など、業者によって差がありますからね。

頼んだ業者がハズレの場合には、なかなか売れなかったり、値下げして売るハメになったりするのです。

 

実際、ライフルホームズの調査によると、査定額よりも実際の売却金額の方が100万円以上安かった人の割合は、全体の2割以上になりました。

価格を知っていることと、実際に売れる金額は違うのです。

 

査定額と売却金額の差について

(参考:ライフルホームズ「家を査定相場より高く売れる人、売れない人の差とは?」)

 

その点、一括査定を活用すれば、不動産会社がその地域でどれだけ取引実績があるのかを確かめることができます。

また、査定の根拠もきちんと説明してくれるため、どこが得意な業者なのかを判断することができるのです。

 

(3)ライバルがいるため、業者がいい加減な対応ができない

一括査定サービスを使えば、業者は複数社から選ばれることになります。

ということは、いい加減な対応をとっていると、契約期間の3ヶ月が終わったときに、他社に替えられてしまいます。

そのため、不動産会社は他社に替えられないように、ていねいな対応と熱心な販売活動をせざるを得ないのです。

 

ただし、デメリットもあります

このように便利な一括査定ではありますが、利用する人によってはデメリットを感じる人もいます。この点についても確認しましょう。

 

1)勧誘がある

一括査定に不動産会社が参加する理由は、不動産を売るつもりのお客さんを探すことにあります。

そのため、査定後には「どうですか?うちと契約しませんか?」と勧誘される可能性があります。

 

実際わたしも査定結果が送られてきた後には、1度電話で連絡がありました。

「今度おうちに訪問させてもらって、お話を聞きたいのですが。」といった内容でした。

 

そのときは、「まだ売ると決めたわけではないので、他の会社の査定内容も見ながら考えます。」といった回答をしました。

それ以降は勧誘の電話はありません。これぐらいのやり取りは、どこの不動産会社でもあると考えてください。

 

2)机上査定では、あくまで参考価格

不動産の一括査定では、2つの査定方法が選べます。「訪問査定」と「机上査定(簡易査定)」です。

訪問査定は、実際に業者が現地を見て査定をする方法です。

それに対して机上査定は、取引データや住宅地図などから、査定をする方法です。

 

こんな感じで選べます

 

ちなみに、わたしが選んだのは机上査定です。

実際に自宅を見てもらっているわけではないので、建物の痛み具合や、日当たり、騒音、周辺の環境など、買い手にとって外せないポイントを確認してもらったわけではありません。

そのため、訪問査定よりも査定額は大まかな数字になります。

 

しかし、不動産会社は周辺の取引情報を持っています。

わたしも似ている物件の取引資料をもらいましたが、これだけでもかなり参考になりました。

 

3)地域によっては、査定に応じてくれない可能性がある

全国の不動産会社の数は、約12万社と言われています。

それに対して、一括査定に参加している社数は、多いサービスでも1,500社ぐらいなので、1%ぐらいしかカバーしていません。

そのため、地域によっては査定を申し込もうとしても、申し込めない場合があるのです。

特に、不動産の取引件数が少ない地域では、今後は業者も査定から撤退する可能性があります。今後は人口の減少によって、売るに売れない不動産が増えていきますからね。

 

また、サービスによって参加している業者も違います。

1つの一括査定サービスで査定が申し込めなかったとしても、他のサービスなら大丈夫というケースもありますので、いくつかのサービスを知っておいた方がいいでしょう。

 

オススメの査定サービス

では、実際にどの一括査定がいいのでしょうか?選ぶポイントは3つあります。

  1. 机上査定が使えること
  2. 参加社数が多いこと
  3. 利用者が多いこと

この3点から、3つのサービスをご紹介します。ご自分の不動産の特徴に合わせて、参考にしてください。

 

1、ホームズ

ホームズ

  • 参加社数:1,500社
  • 利用者数:420万人
  • 机上査定:可

不動産ポータルサイト「ホームズ」のサービスです。

東証1部に上場している会社が運営しているため、個人情報の取り扱いや参加企業の審査も厳しくしているので、安心して利用できます。

 

ホームズの特徴は、詳しい不動産の特徴を事前に不動産会社に伝えることができるため、机上査定でもかなり詳しい査定結果がもらえることです。

利用者数も420万人を超える人気サービスですので、迷ったらまずはこちらを活用してみてはいかがでしょうか?

→→→ホームズで査定するならこちら

 

2、イエウール

イエウール

  • 参加社数:1,500社
  • 利用者数:450万人
  • 机上査定:可

イエウールは、一括査定サービスの中でも参加社数が多いのが特徴です。

そのため、地方や郊外の物件でも査定業者が見つかりやすいというメリットがあります。

→→→イエウールの公式ページはこちら

 

3、イエイ

イエイ

  • 参加社数:1,000社
  • 利用者数:400万人
  • 机上査定:可

イエイは、10年以上の運営実績を持つ老舗で、サポートサービスが充実しているのが特徴です。

例えば、「お断り代行」というサービスでは、業者からの勧誘がしつこいと感じた時に、代わりに断ってくれます。相続や売却時の税金のことなど、メールで相談もできる点も便利ですね。

→→→イエイの公式ページはこちら

 

さいごに:これだけは、やめた方がいいこと

不動産の取引で損する1番多いパターンは、

「ギリギリになってから、不動産会社に駆けこむこと」

です。

不動産会社に相談することにストレスを感じる人もいるでしょう。気持ちはわかります。

 

ですが、不動産の取引は思っている以上に時間がかかります。

アットホームによるアンケート調査によると、不動産の売却にかかった期間は、

  • 戸建てで、平均11ヶ月(平均築年数:15年)
  • マンションで、平均6ヶ月(平均築年数:12年)

という結果でした。

 

<アンケート調査:不動産の売却にかかる期間>

不動産の売却期間のアンケート調査結果

(出典:アットホーム 中古物件の“売り手”と“買い手”のキモチ調査)

 

売ろうと決めたからといって、すぐに売れるわけではないのです。

 

そのため、なるべく早く売りたいとなった場合に、相場の5〜8割で現金化する「買取」を選ばされてしまう人もいます。

前もって準備をしていなかったために、数百万〜数千万円単位で安く売ってしまうことになるのです。残念すぎますよね。

 

しかし、一括査定を活用すれば、不動産会社からの勧誘のストレスも少なく、詳しい情報を手に入れることができます。

机上査定なら、メールや簡単な電話でのやりとりで済みます。1度確かめてみてはいかがでしょうか?

 

<3社のサービス比較表>

サービス名参加社数利用者数特徴リンク先
ホームズ
1500420万人東証1部の企業が運営。厳しい審査で参加社を選別
イエウール
1500450万人郊外や地方の物件も査定可能
イエイ
1000400万人お断りサービスなどが充実

コメント