老後資金はいくら必要なのか?5つの対策法

老後資金はいくら必要なのか 老後資金

老後破産という言葉が話題になったり、少子高齢化で年金もどうなるかわからないとか、将来のことを考えると暗い話ばかりになってしまいますが、「じゃあ、実際どれだけあれば安心なの?」という目安がないと、計画も立てられないし不安だけが残ってしまいますよね。

そこで、この記事では、「老後に必要な資金がいくらなのか?」「そのために今のうちからできることは何なのか?」について解説します。

今の高齢者は、毎月いくら使って生活しているのか?

総務省が毎年行っている調査に「家計調査報告」がありますが、その中に65歳以上の高齢者夫婦の平均的な生活費が載っています。

それによると、年金などの収入は209,198円。それに対して支出は、263,717円。差し引き54,519円の赤字でした。年間で654,228円の赤字になる計算です。

夫婦2人なら、月に54,519円の赤字

無収入の高齢者世帯の家計調査

(出典:総務省 家計調査年報(家計収支編)平成29年(2017年) 家計の概要)

 

高齢者で1人なら、40,715円の赤字

高齢者単身世帯の家計調査

(出典:総務省 家計調査年報(家計収支編)平成29年(2017年) 家計の概要)

65歳の男性の平均余命は約20年、女性は24年です。

同い年の夫婦なら、2人が生きている20年で約1,300万円の赤字。残り4年が奥さんだけ生きるとして約200万円の赤字。生活費だけで言えば、1,500万円ほどあれば足りる計算になります。

単身世帯なら、男性なら980万円。女性なら、1,160万円ぐらいあれば、生活費だけはまかなえる計算になります。

 

これに介護費用とか、葬儀費用を加えると、なんだかんだで夫婦で3,000万円、単身で1600万円ぐらいかかるというのが、資産運用セミナーなどで話されている内容ですね。

 

年々赤字幅が増えている

ですが、過去のデータをさかのぼってみると、例えば、平成17年度の調査では、高齢者の単身世帯の赤字は月額33,976円でした。12年で6,000円以上増えているのです。

家計調査_高齢者単身世帯_平成17年度

高齢者夫婦世帯も同様で、平成17年度では35,455円だったので、19,000円ほど赤字幅が増えています。この12年ほどで、年間23万円ほどの赤字が増えているのです。

20年分と考えると、500万円近くも老後の必要額が増えていることになります。

 

家計調査_高齢者夫婦世帯_平成17年度

 

単純に考えれば当時よりも少子高齢化が進むので、今よりも赤字幅が大きくなりそうですよね。

12年で500万円増えたのであれば、あなたの年齢にもよりますが、500〜1000万円ほどは多めに見積もっておかないと危ないような気がします。

結果的に、介護や葬式代を抜いても、やはり3,000万円ぐらいは必要だという結論になりそうです。

 

老後資金を貯めるための方法

では、今のうちにできる対策は何でしょうか?思いつく限りのことをここで挙げていきたいと思います。*詳細は今後追加していく予定です

1、節約する

最初に思いつくのはこれですよね。ですが、ダイエットと同様で、日々の生活費をケチるのはなかなか難しいものです。いつの間にか使ってしまったりしますので。

そこで、無意識にいつの間にか貯まるような仕組みを取り上げてみます。

(1)保険の見直し

家に次いで、一生の中で2番目に高い出費になってしまっているのが一生に払う保険料です。

日本人は世界で1番保険に入っている民族なので、知らず知らずに多めに入っている傾向にあります。よくあるムダを2例ほど挙げてみましょう。

① 定期の生命保険は、徐々に保障が減る逓減定期保険が最適

② 共済の定期の医療保障よりも、終身医療保険の方が実は安い

この辺りの詳しい解説をこちらの記事でまとめています。

(参考記事:保険ショップで相談すると、どんな見直しができるのか?)

 

(2)電気契約の切り替え

(参考記事)

 

(3)携帯電話を格安スマホに変える

(参考記事)

 

(4)プロパンガスの切り替え

(参考記事)

 

(5)クレジットカードで公共料金を支払う

(参考記事)

 

2、いらないものを売る

(参考記事)

 

3、投資をする

(1)NISA

(参考記事)

 

(2)イデコ

(参考記事)

 

4、お金がかかるリスクを避ける

(1)健康

(参考記事)

 

(2)転職

(参考記事)

 

(3)相続した不動産

(参考記事)

 

5、稼ぐ

正直な話、これが1番難しくはありますが、1番精神的に安定するものだと思います。どれだけお金を貯められたとしても、老後の不安は消えることはありませんからね。通帳の残高が少しずつ減っていくのを見るのは、なかなか気が滅入るものですから。

ですが、稼ぐ力さえ身につけて、一生働けるようになれば、不安は消えます。

老後に自分が何もできなくて、お金が減っていくだけの人生になると思うからこそ、お金にしかすがるしかなくなって不安になるわけですからね。

しかし、普通のサラリーマンをやっていて、その仕事を生かして稼ぐ力を身につけられる人は、あまりいないでしょう。

オススメはアフィリエイトです。

家に帰ってから、パソコンに向かって記事を書き続けるだけなので、どこに住んでいてもできるのが魅力ですね。継続は必要ですが、毎日のちょっとずつの時間を使って、少しずつ進めていくつもりでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

(参考記事)

コメント