沖縄県で土地価格が上がったエリアは?おもろまちやライカムが強かったし、これからも多分強い

那覇市 沖縄県

東京オリンピックへの期待で、沖縄県でも外国人観光客が増加していますよね。

特にアジアからの方が増えて、国際通りを歩いていると中国語や韓国語をよく耳にするのではないでしょうか?

 

そのおかげもあって、今年の公示地価では、沖縄県の豊見城市で前年比27.4%も上昇した地点がありました。

公示地価の上昇率ランキング

 

 

それだけではありません。

この5年間の住宅地を調べてみると、沖縄県の南側半分のエリアでは、ほとんどの地域で上昇していました。

 

沖縄県の過去5年間の公示地価の変化率

沖縄県の市区町村別の公示地価変化率

(参考:国土交通省 地価公示)

 

一体、何が起こっているのでしょうか?

そこで、この記事では、過去30年間の沖縄県の土地価格を追いかけることで、

  • 上昇している不動産の特徴は何か?
  • 今後の沖縄県の土地価格がどうなるのか?

について、解説していきます。

 

不動産を買いたい人にも、売りたい人にも参考になるはずです。

 

1、これまでの沖縄県の土地価格の動き

(1)県内総生産は過去最高を更新。今が1番、景気がいい

沖縄県の土地価格(住宅地)は、平成5〜10年(1993〜1998年)ぐらいまで、横ばいのピークを経て、そこから2013年までの15年間下げ続けてきました。

 

沖縄県の過去30年間の土地価格の推移

(参考:国土交通省 地価公示)

 

全国の土地価格の動きとほぼ同じような動きをしてきたわけですが、この5年間に限って言えば、一部の都道府県と共に上昇し始めています。

その理由は、外国人観光客(インバウンド)の増加です。

 

外国人の観光客数は、全国5位の規模に成長

沖縄県の外国人宿泊数の推移

(参考:観光庁 宿泊旅行統計調査)

 

沖縄県の外国人の延べ宿泊者数は、全国で5位の405万人(平成29年)なんです。

しかも、それより上位は、東京、大阪、京都、北海道と人口が500万人以上の都道府県のみ。

人口が140万人規模の県で、これほどの外国人観光客を受け入れている県は、他にありません。

 

そのため、県内総生産が過去最高を更新しています。

今が1番、沖縄県の経済が拡大している時期なのです。それだったら、土地価格も上昇してしまいますよね。

 

県内総生産は、過去最高の4兆円台に(2014年)

沖縄県の県内総生産の推移

 

 

沖縄県の県民総生産の推移

(参考:沖縄県 県民経済計算)

 

そのため、沖縄県の南部から中央部にかけて、土地価格が上昇しています。

沖縄県では車での移動が基本であることと、土地が他県に比べて狭いことから、地域間の格差が少なく、幅広い範囲で上昇しているのが特徴です。

 

上昇地域は、那覇市〜沖縄市が中心

沖縄県南部〜中央部の公示地価の変化率

(参考:国土交通省 地価公示)

 

また、仕事が増えることでの通勤需要が起こっています。

駅から近いとか、職場から近い土地へのニーズが高まっているのです。特に那覇市では、ゆいレールの駅周辺の土地価格の上昇率が高まっています。

 

おもろまち近くの「那覇市天久1-7-21」では、5年間で37%の上昇

 

ショッピングモール「サンエー那覇メインプレイス」にも近く、マンションが立ち並ぶ人気エリアになっています。

沖縄市の周辺では。2015年に北中城村に「イオンモール沖縄ライカム」ができたため、この周辺の土地価格の上昇も激しくなっています。

 

「中頭郡北中城村字島袋友武謝原607番4」では、5年間で27.7%の上昇

 

このように、経済も拡大して、住宅への需要が高いため、利便性の良い人気エリアはかなりの上昇率を示しています。

 

2、オリンピック後の沖縄県の不動産はどうなるのか?

このように、外国人観光客数の増加によって、商業地を中心ににぎわっている沖縄県ですが、気になるのは、「オリンピック後の外国人観光客数がどうなるか?」ですよね。

過去のオリンピックと外国人観光客数の関係を調べた調査があるのですが、それによると、オリンピックが終わって観光客数が減ったところはないようです。

 

開催国のオリンピック前後の観光客数

オリンピック開催国の外国人観光客数の推移

(参考:国土交通省 観光庁 *PDFファイル)

 

ですから、引き続き商業地を中心ににぎわいは続くと見ていいでしょう。

ただし、今回の景気の拡大は、観光客数の増加を見込んだホテルや観光施設の開発ラッシュも含まれています。

現在は、那覇空港周辺でも開発が続いていますが、こういった大きな開発案件が一巡する頃には、土地価格の上昇も収まるかもしれませんね。

 

買いたい、売りたい人は、こちらの記事もどうぞ

この記事で、大まかな傾向については解説しましたが、実際に検討する場合には、もっと具体的な情報が必要でしょう。

興味のある方は、こちらもご参考ください。

 

1、買いたい人がすべき、後悔しない立地条件の確かめかた

10年後も大丈夫?家を買うなら気をつけたい3つのこと
人口が減少していく日本で、これから家を買う場合に気をつけたい3つのポイントをまとめました。

 

2、売りたい人がすべき、数百万円単位で高く売るためのコツ

不動産を数百万円高く売りたい人がすべき、たった1つのこと
あなたが調べようとしている不動産価格は、もしかしたら間違っているかもしれません。その理由とは?

 

 

コメント