地域別の土地価格の現状とこれから

このページでは、都道府県、市区町村ごとの土地価格についての解説記事をまとめています。

市区町村については、今後随時追加していく予定です。

都道府県別

1、北海道・東北

北海道青森県岩手県秋田県
宮城県山形県福島県

 

2、関東

東京都神奈川県千葉県埼玉県
茨城県栃木県群馬県

 

3、北陸・中部

新潟県富山県石川県福井県
山梨県長野県

 

4、東海

愛知県静岡県岐阜県三重県

 

5、近畿

大阪府京都府兵庫県滋賀県
奈良県和歌山県

 

6、中国四国

広島県岡山県鳥取県島根県
山口県
徳島県香川県愛媛県高知県

 

7、九州沖縄

福岡県佐賀県長崎県大分県
熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県

 

市区町村別

1、京都府

京都府京都市福知山市舞鶴市
綾部市宇治市宮津市亀岡市
城陽市向日市長岡京市八幡市
京田辺市京丹後市南丹市木津川市

 

2、岐阜県

岐阜県岐阜市大垣市高山市
多治見市関市中津川市

 

3、愛知県

愛知県名古屋市岡崎市一宮市
豊田市豊橋市春日井市刈谷市
西尾市

 

 

鹿児島県

鹿児島県で土地価格が上がったエリアは?鹿児島市の再開発が超本気

鹿児島県の過去30年間の土地価格の動きから、なぜ鹿児島県の土地価格が上昇しないのか?上昇している地点の特徴について解説します。
宮崎県

宮崎県で土地価格が上がったエリアは?JR九州の駅前開発がすごい

宮崎県の過去30年間の土地価格の動きから、なぜ宮崎県の土地価格が上昇しないのか?上昇している地点の特徴について解説します。
熊本県

熊本県で土地価格が上がったエリアは?再開発で熊本市がすごいことに

熊本県の過去30年間の土地価格の動きから、なぜ熊本県の土地価格が上昇しないのか?上昇している地点の特徴について解説します。
大分県

大分県で土地価格が上がったエリアは?JR九州の駅前開発がすごい

大分県の過去30年間の土地価格の動きから、なぜ大分県の土地価格が上昇しないのか?上昇している地点の特徴について解説します。
長崎県

長崎県で土地価格が上がったエリアは?外国人観光客効果がすごい

長崎県の過去30年間の土地価格の動きから、なぜ長崎県の土地価格が上昇しないのか?上昇している地点の特徴について解説します。
佐賀県

佐賀県で土地価格が上がったエリアは?文教地区のブランド力が復活

佐賀県の過去30年間の土地価格の動きから、なぜ佐賀県の土地価格が上昇しないのか?上昇している地点の特徴について解説します。
高知県

高知県で土地価格が上がったエリアは?あけぼの街道効果で意外な場所が上昇

高知県の過去30年間の土地価格の動きから、なぜ高知県の土地価格が上昇しないのか?上昇している地点の特徴について解説します。
愛媛県

愛媛県で土地価格が上がったエリアは?文教地区のブランド力が復活

愛媛県の過去30年間の土地価格の動きから、なぜ愛媛県の土地価格が上昇しないのか?その理由を解説します。そして、これからの土地価格の動きを予想します。
香川県

香川県で土地価格が上がったエリアは?ゆめタウン高松近くにお宝地区アリ

香川県の過去30年間の土地価格の動きから、なぜ香川県の土地価格が上昇しないのか?その理由を解説します。そして、これからの土地価格の動きを予想します。
徳島県

徳島県で土地価格が上がったエリアは?イオンモール徳島がやっぱり最強だと証明されました

徳島県の過去30年間の土地価格の動きから、なぜ徳島県の土地価格が上昇しないのか?その理由を解説します。そして、これからの土地価格の動きを予想します。