社会福祉協議会のリバースモーゲージと民間サービスの違い

リバースモーゲージ

この記事では、社会福祉協議会が提供している「不動産担保型生活資金(リバースモーゲージ)」の貸付制度について解説します。

銀行や信金の「リバースモーゲージ」と仕組みは同じなのですが、民間のサービスは「相続人全員の同意が必要」「貸してくれる地域が限定的」といった条件の厳しさもあって、問い合わせてみるものの途中であきらめる人も多いようです。

そこで、最近は「リースバック」というサービスが出ていますが、これはこれで手元のお金がなくなって家賃が払えなくなれば、他に引っ越すしかありません。

そこで、社会福祉協議会の出番なわけですが、もちろん全ての人が使えるわけではありません。ですが、きちんと知っておけば、お金の悩みが解消する可能性もあります。

社会福祉協議会の案内文は、ちょっとかた苦しい説明文なので、なるべくわかりやすく解説していきたいと思います。

また、「不動産担保型生活資金」という言葉もかた苦しいので、記事中では「リバースモーゲージ」と表記して説明していきます。

社会福祉協議会のリバースモーゲージの仕組み

社会福祉協議会が提供するリバースモーゲージも、民間の金融機関が提供しているサービスとほとんど変わりません。

「自宅を担保にお金を借りられながら、死ぬまで住み続けることができる。死んだら相続人が売却して精算」

という仕組みです。

リバースモーゲージの仕組み

 

社会福祉協議会と金融機関のリバースモーゲージの比較

では、民間のサービスと何が違うのかというと、利用条件です。

特に違うポイントを一覧にしてみました。

社会福祉協議会金融機関
年齢65歳以上50〜55歳以上
収入条件一定年収以下(市区町村税が非課税世帯の低所得者)一定年収以上
相続人推定相続人1人でOK全員分の承諾が必要なところもあり
貸付限度額土地評価額の70%程度物件評価額の50%程度
マンションは?不可一部地域で可能
お金はどうやってもらえる?月額30万円以内一括で受け取り可
物件の条件全国どこでも土地評価額が1,500万円以上ならOK

(月額の借入金額が低ければ、1,000万円でも可能)

金融機関によって異なる。サービスを受けられない都道府県や市区町村もあり

(参考:埼玉県社会福祉協議会)

 

社会福祉協議会のリバースモーゲージは、「生活に困っている人へ、土地を担保にお金を貸し付ける制度」なので、収入条件やお金の受け取り方に制約があります。

65歳以上で奥さん、旦那さんがいない場合に、市民税が非課税になる所得水準は、年金収入が155万円以下が目安です。これより所得が少なければ、申し込める可能性があります。

その分、お金の受け取り方や収入条件が厳しいですが、逆に貸し付けてもらえる金額や、対象となる地域はゆるいです。

金銭的な面だけで言えば、社会福祉協議会のリバースモーゲージの方がメリットが大きいですね。

 

ただし、手続きに時間はかかる

もし、条件が合うようでしたら、1度検討してみる価値はあると思いますが、社会福祉協議会、金融機関どちらのリバースモーゲージも、お金を受け取れるまでに時間がかかります。

社会福祉協議会の場合だと、事前に相談をしてから、土地の評価額の調査、審査などで3〜4ヶ月はかかります。

推定相続人(相続する権利のある人)1名の同意も必要になりますので、早めにお近くの社会福祉協議会へ相談したほうがいいでしょう。

(参考記事:リバースモーゲージで必要な推定相続人とは?)

 

もし、どちらの条件も合わなかったら?

社会福祉協議会、民間の金融機関のどちらでも条件が合わない場合には、「死ぬまで住み続けられながら、お金を借りる」という可能性は残念ながらありません。

その場合には、売却して賃貸住まいになる可能性について、1度考えてみるといいかもしれません。こちらに高齢者の賃貸事情をまとめていますので、ご参考ください。

(参考記事:老後資金のために賃貸へ移ることのメリット、デメリットを全解説)

 

また、自宅以外で老後資金を作る方法も参考になるかもしれません。

(参考記事:60代からでもできる!老後資金をつくる7つの方法を全解説)

コメント